« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月18日 (金)

柔道部ニュース!

 

先の11月13日、天神杯 福岡県女子柔道選手権大会が行われ

回生病院女子柔道部の部員が出場しました。

個人戦で出場は池崎春華、笹原夏奈、江藤聖佳(敬称略)の3選手です。

 

 Judotenjin1

 写真右:池崎選手

 Judotenjin2

 写真右:笹原選手

 Judotenjin3  

 写真左:江藤選手

 

 優勝は池崎選手でした。おめでとうございます!

 Judotenjin4_2

 

男女とも、今年の公式試合はこれで終了となりました。

「応援ありがとうございました。また来年もよろしくお願い致します!」

            ― 医療法人十全会回生病院柔道部一同 ―

 

 

2011年11月11日 (金)

火災発生!!

 

……というときのために、火災訓練を行いました。

(ぶっそうなタイトルですみません^^;)

 

回生病院では、定期的に病棟や部門ごとに、火災訓練を実施しています。

今回は、管理棟(医事課などのある棟)の消火訓練の模様をお伝えします。

 

 Kunren1

 

地元の消防団に所属している病院職員による消火器の使い方講習のあと、

駐車場の一角を利用して、仮の火元をつくり、実践演習を行います。

 

 Kunren2_2 Kunren3

 

男性、女性の若手職員2人が行いました。消火器をさわるのは初めてだとか。

勢いよく消火剤が飛び出し、あっという間に白煙がたちこめます。

「安全ピンを抜くときに少々手間取ったけど、思ったより簡単でした」

二人とも、火元に向かってとても正確に噴射していました。頼もしい!

 

 Kunren5 Kunren4

 (左:抜いた安全ピン 右:無事消火した仮の火元。消火剤は薄桃色でした)

 

仮の火元は、赤いコーンで作成してあるのですが、写真をみても分かるように、

元の色が分からないくらいに消火剤の色に染まっていました。

 

 

訓練はしていますが、「いざというとき」がこないことが大前提です。 

秋から冬にかけては、乾燥しがちな季節。

みなさんも、火の元には十分にお気をつけくださいね!

 

 

2011年11月 9日 (水)

いもほり

 

みなさんこんにちは。11月に入りましたね~。

あたたかい日が続いていましたが、ようやく秋らしい気候になってきました。

 

さて、回生病院では、2日間にわたり、病棟ごとに芋ほりが行われました。

春の苗植え⇒秋の芋ほり⇒焼き芋大会と、毎年恒例の行事です^^

 

 Imohori1

 

芋の葉とつるを取り去ったあとは、クワやシャベルで土を掘り返し、

赤紫の芋肌があらわれたら、手でやさしく掘り出します。

 

写真をとっているとどこからか、「あ~あ」という残念そうな声。

見てみると、すっぱり半分に割られたお芋さんが・・・・・^^;

 

土を掘り返す作業は、とってもコツがいるそうで、

芋がどのへんにあるかを予測しながら、深い位置から掘らないと

芋を傷つけてしまうこともあるのだそうです。

私も少しだけシャベルをもたせていただきましたが、

シャベル自体が重いのと、土が思った以上に固くて難しかったです。

 

 Imohori2_2

 (慣れた方は、とても上手に土を掘り返していきます)

 

 Imo

 (小さいのから大きいのまで、たくさんとれました!)

 

昨年は、イノシシに大事な芋をほとんど食べられてしまったのですが

今年はイノシシ避けの装置を設置したおかげで、無事に収穫できたとか。

 

とれたお芋さんたちは、1ヵ月ほど風通しのよい場所で保管して、

焼き芋大会で、ふるまわれます。1ヵ月後が楽しみです^^

 

2011年11月 4日 (金)

トライしました! クレペリン検査

 

みなさんこんにちは。

回生病院では、入院患者さんの状態に応じて、心理検査を実施しています。

 

その検査のうちのひとつが「内田クレペリン検査」というものです。

どういう検査でしょうか。百聞は一見にしかず。

私も、患者さんといっしょに受けさせてもらいました。

 

 Kraepelin

 (同じくいっしょに受けた医事課の新人、佐藤さん。真剣です)

 

おおまかにいうと、羅列してある隣り合った数字を足していくという単純な作業。

決められたとおりに、ただ計算していくだけ。

 

私の判定結果を、臨床心理士の松島先生にお伺いしました。

 

判定内容の詳細はふせさせていただきますが、

「懸命になるほど、緊張する傾向がみられることもあるようです。

なにかを熱中してやったときは、ひと休みすることを心掛けたらいいですね^^」

 

私の性格傾向、あたってる! 計算しただけなのに><

 

「この『計算するだけ』というのがミソで

ただ計算するだけなので、その人の本来の状態が出やすいんです」(松島先生)

 

内田クレペリン精神検査では、作業効率の水準にくわえ、

その人の人格や、精神的な健康状態まで分かるのだそうです。

(そのため、採用試験の一環として取り入れている企業もあるそうです)

 

当院では入院患者さんの状態に応じて

心のバランス、健康状態、治療の効果などを測るため、検査をしています。

とくに退院間近の患者さんが、退院後に再就職や復職しても大丈夫かなどの

重要なめやすにもなっています。

 

また当院ではアルコール・薬物依存症の患者さんに限らず、

企業のメンタルヘルス相談なども受け付けており(ご案内はコチラ)、

休職者が復職可能かの参考にするためにも、この検査を受けてもらっています。

 

回生病院では、ほかにもさまざまな心理検査をしています。

またいつか、ご紹介しますね^^

 

 

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »