« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月29日 (木)

今年もお世話になりました

 

みなさんこんにちは。

今日から正月休みという方も多いのではないでしょうか。

 

回生病院は、今日29日が仕事納めです。

(相談・面会につきましては、医療相談室にて受け付けております)

大掃除をすませた玄関に、お正月の注連飾りが設置されました。

いよいよ年末、おしせまってきたな、という感じがします。

 

今年は回生病院にとって、とても変化のある年でした。

 

3月に新・作業療法室が完成し、

5月には精神科・横山理恵先生が着任され、

7月には売店もリニューアル、など。

 

新しい試み、新しい人、新しい風。

こうした変化が、新しい実りにつながった年になりました。

  

みなさんにとっては、今年はどんな一年になりましたでしょうか。

 

 

 

年末年始は、お酒の誘惑の多い日が続きます。

くれぐれも、飲酒運転をされないよう、お気をつけ願います。

 

それでは、よいお年をお迎えください^^

 

2011年12月22日 (木)

クリスマス演芸例会

 

みなさんこんにちは。

今日12月22日は、一年でもっとも日の短い日「冬至」にあたります。

寒さ厳しい折、いかがお過ごしでしょうか?

 

さきごろ、回生病院では、クリスマス演芸例会が行われました。

演芸例会とは、歌や踊りなどの出し物を披露する会です。

選りすぐりのスナップをご紹介します^^

 

 Engei1

 (患者さんの合唱「ジングルベル」)

 Engei5

 (病棟スタッフによる華麗なフラダンス)

 Engei2_2

 (患者さんとスタッフによる二人羽織)

 Engei3

 (飯田院長も、カラオケで美声を披露) 

 Engei4

 (ロシアンルーレット。ひとつは、カラシ入りのケーキ!)

 

患者さん手作りの飾りで彩られた舞台では、

ほかにもバナナの叩き売り、カラオケ、替え歌、仮装でダンスなど

患者さんやスタッフによるさまざまな工夫を凝らした出し物が披露され

会場は手拍子や笑い声につつまれていました。

 

準備進行にたずさわった皆さん、出し物をした皆さん、お疲れ様でした。

 

 

さて、週末のクリスマス連休をはさめば、2011年も残り1週間です。

なにかとあわただしい時節ではありますが、

風邪をひかないよう、事故にあわないよう、気を引き締めて過ごしましょう!

 

ハッピーメリークリスマス^^

 

2011年12月 6日 (火)

あたたか~い冬 その2

 

みなさんこんにちは。

本日、回生病院ではグラウンドで

先日収穫した芋をつかって、毎年恒例のやきいも大会が行われました。

 

 Yakiimo1

 (濡れた新聞紙とアルミでくるんだおいもたち、焼かれています)

 Kakidasi

 (焼けました。スタッフと有志の患者さんで協力して芋をかき出します)

 

できた焼き芋は、こんな感じです↓↓↓

 Hokuhoku

 (焼き芋第一号。食欲をそそる見事な黄金色です!)

 

患者さんやスタッフからは、

「笑っちゃうほどウマイ」「「しっとりしてる!」「ほくほく」「カラメルみたい」

「自分たちで育てたから、格別おいしく感じる」と大好評!

私もいただきましたが、皮のあたりのこうばしさと、なめらかな舌触り、

びっくりするほど甘くて、そのへんの焼き芋屋さんよりおいしかったです^^

 

そして、そのお隣では、大鍋でなにやら・・・・・・

 

 Tonjiru_2

 

中身は豚汁でした↓↓↓

 Tonjiru2

 (豚、ごぼう、ニンジン、大根、厚揚げなど9種の具入り) 

 

小さめサイズのおいもさんたちは、豚汁の具に変身。

こちらも大好評で、昼食後なのに、おかわりをする人まで。

あま~いおいもが、味のアクセントになってとっても美味でした。

(私も仕事を忘れて^^; おなかいっぱいいただいちゃいました)

 

青空の下でほおばる焼き芋と豚汁、なんて贅沢なんだろう。

体の芯から、ぽかぽかと温まりました。

 

前もって準備をしてくださった方々、ありがとうございました^^

 

 

2011年12月 2日 (金)

あたたか~い冬

 

みなさんこんにちは。

12月、いよいよ本格的な冬到来。

寒い日がつづいていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

ひんやりした空気が身にしみる頃になると、温かいものに惹かれますね。

最近の私のいちおしは、これ↓↓↓

 

 Nikuman

 

夏にリニューアルした売店で、肉まんの販売が始まりました。

ほくほくの肉まんにかじりつく瞬間、至福のときです^^

 

体を温めるものの代表といえば、ショウガです。

回生病院では、作業療法活動の一環として、畑作をおこなっています。

春に患者さんがうねをつくって植えたショウガが、収穫の時期を迎えました。

 

 Ginger

 Ginger2

 (とても立派なショウガたち。ピリッとしたいい香りがします)

 

今日は収穫したショウガで、患者さんに、しょうが湯がふるまわれました。

すりおろしたショウガ、葛、砂糖をといた、トロリと甘いしょうが湯です。

 

「去年しょうが湯をつくったら、患者さんに好評だったので」

と、作業療法士の山田先生。

今年のしょうが湯も、あったまる、おいしいと評判だったみたいですよ^^

 

年末にむけて、あわただしくなる時期を迎えます。

体をあたたか~くして、寒い冬を乗り切りたいものですね。

 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »