« 柔道部ニュース! | トップページ | ぽかぽか! 焼き芋大会 »

2012年11月28日 (水)

自慢の通勤路 ~収穫と晩秋~

 

みなさんこんにちは。お鍋のおいしい季節がやってきましたね。

看護職員の山口千津子さんから、お便りと写真がとどきました^^

 

*:..。o○☆○o。..:* 。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。

 

秋が深まるにつれ、曇りや雨の日々で、

気持ちの焦りをおさえながらシャッターチャンスを待ちました。

 

10月下旬の朝、通勤途中のこと。

県道のガードパイプに刈り取った稲穂がかけられ、

穂をついばむ小鳥を撃退するための鳥威し(とりおどし)が(写真①)。

また民家の大きな柿の木に、柿が鈴なりになっており(写真②)、

車をとめシャッターをきりました。

 

 Photo_7

 (写真① 黒いビニールはカラスをイメージしているのでしょうか)

 Photo_8

 (写真② 柿も稲干しも、どこか懐かしいにっぽんの光景です)

 

11月に入り、木々が少しずつ色を帯びてきましたが、

今年は昼夜の気温差と晴れ間が少ないため紅葉が遅く、また早めの落葉で

いつもの素晴らしい秋風景になかなか出会えません。

 

そんな11月中旬、当直勤務明けの朝のことです。

流れの速い雲の合間から、こぼれた朝日を受けて輝いていたのは、

回生病院の玄関先からのぞむ借景(しゃっけい)、ほんとうに見事です。

 

 Photo_10 

 (借景① 玄関にて。やさしく色づいたクヌギの葉)

 Photo_9 

 (借景② 門をくぐって坂の途中。情熱的な色にそまるハゼ)

 

同じ紅葉でも、やわらかな色合いだったり、はっきりしていたり、さまざま。

写真上(借景①)の、橙色に色づいた木々は、クヌギです。

当院が建っている場所は、昔「櫟原(くぬぎばる)」という地名でした。

その名残りか、周囲にはまだクヌギが残っています。

昔は、薪炭用として、重宝したようです。

 

 Photo_11 

 

家路へと続く道、車を赤間駅方向へ進めると、桜木の紅葉と落ち葉、

そして、正面には孔大寺山(こだいしやま)が見えてきました。

映ってないものの右側には金山(かなやま)、城山(じょうやま)と続きます。

 

いままで、出勤方向の風景のほうが好きだった私ですが

帰宅途中の風景の良さを、あらためて認識できた写真撮影でした。

 

 

« 柔道部ニュース! | トップページ | ぽかぽか! 焼き芋大会 »

地域」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31