« ぽかぽか! 焼き芋大会 | トップページ | だいこん豊作につき »

2012年12月14日 (金)

忘年会シーズンです

 

みなさんこんにちは。

年末、なにかと慌ただしい時期がやってきましたね。

 

そして、この時期の楽しみといえば、一年の労をねぎらう忘年会。

お酒を飲む機会が多い季節でもあります。

  

幹事をする人は、なにかと気を配ることも多く、大変かと思います。

お疲れさまです。

みんなの「ほっ^^」とタイムのために、あと少し、頑張りましょうね。

 

 

そんな幹事さんに、ひとつ、お願いがあります。

会がお開きになる前に、いま一度、一人ひとりに念押ししてほしいのです。

 

「くれぐれも、飲酒運転はしないでくださいね」

 

会が始まるまえ、お開きのあとに

帰りの交通機関を確認してもらえれば、なおよし!です。

 

場がしらけそう、と思われるかもしれませんが、

せっかくの楽しい忘年会も、だれか一人でも飲酒運転で事故をおこせば

後味がわるいどころの話では、済まされないものになります。

  

「すこしくらいなら運転しても・・・」

「酔っていないから大丈夫」

 

そんな雰囲気の人が、もし周りにいたとしたら、一声、かけてください。

「万一のことがあったら、大切な人が悲しみますよ」と。

 

実を言えば、啓発の”のぼり”やポスターよりも、

身近な人からの温かい声かけが、良心に届く、ずっと効果的な方法です。

 

忘年会に限らず、数人で集まってお酒を飲む機会があるたびに、

幹事の人が声をかける、お互いに声をかけあう、といったことを

慣例、習慣づけていってもらえれば、幸いです。 

 

 

軽い気持ちで、飲酒運転しようとしている人がいたら、読んでください。

 

たとえ、これまで事故をおこしたことがなかったとしても、

それが、今後も事故を起こさないことの保障にはなりません。

 

もし、あなたの大切な人が、ほかの誰かの飲酒運転により、

傷つけられてしまったら、あなたはその相手を許せるでしょうか?

 

バス、電車、タクシーで帰る。

代行運転をつかう。

家族の方にむかえにきてもらう。

帰宅方法が確保できないときは、飲まない勇気をもつ。

 

あなたの自覚が、不幸な事故を防止します。

みんなで笑って、よい新年をむかえましょう!

 

« ぽかぽか! 焼き芋大会 | トップページ | だいこん豊作につき »

コラム」カテゴリの記事