« 回生の中心で愛を叫ぶ?! | トップページ | 回生断酒友の会 32周年記念大会 »

2013年1月25日 (金)

自慢の通勤路 ~冬の銀世界~

 

みなさんこんにちは。コタツの恋しい季節が続いていますね~。

看護職員の山口千津子さんから、

先日の大雪のときの通勤風景をつづったお便りと写真がとどきました^^

 

*:..。o○☆○o。..:* 。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。

 

今年は例年になく寒さが続いています。

私は自宅が山間部のため、雪になればマイカー通勤が困難になるので

必ず夜にはテレビの天気予報を見るように心がけていました。

 

そんな折、公休で自宅にいた17日の夕方、小雪がちらほら舞い降り、

裏山が霞(かす)み始めたと思ったら、牡丹雪(ぼたんゆき)に変わり、

瞬(またた)く間に山がまったく見えなくなりました。

 

我が家の屋根から、多量の雪の滑り落ちる音が「ドスン」「ドスン」と続き

「あ~、明日は早めに出発しないと」と決心して、早々に就寝。

 

翌朝、窓からの景色は銀世界。

空を見上げると、どんよりした雲の隙間からかすかな光が差し込んでいます。

マイカー出勤への不安も感じつつ、カメラを準備し心躍らせての出発です。

 

 Photo

 

県道75号線の青葉台東口交差点を過ぎると、青空が見え始め

山間に靄(もや)が出ているではありませんか(写真上)。

車をとめ、今にも消えそうな靄を目がけてシャッターを切りました。

 

雪の重みでたわんだ竹林(写真①)や、民家の柿の木(写真②)、

昼掛地区の守神・八幡神社の桜の大樹(写真③)も、見事な雪化粧。

それは、めったに見れない冬景色でした。

 

 02

 (写真① 雪の重みでしなやかにたわんだ竹)

 

 Photo_2

 Photo_5

 (写真② 葉も実も落ちた柿の木も風情ある姿へ。下は秋の様子)

 

 Photo_3

 (写真③ 神社の鳥居にも雪がつもって、厳かなたたずまい)

 

撮影を終えたら、気を引き締めて通勤再開です。

県道75号線を曲がり、回生病院に続く坂道は、路面が凍結しており、

氷がとけるのを待つために、10台以上の車が路肩に避難していました。

 

私もそこから歩いて病院へ。無事に到着し、ほっと一息ついたのでした。

 

 

« 回生の中心で愛を叫ぶ?! | トップページ | 回生断酒友の会 32周年記念大会 »

自然」カテゴリの記事

地域」カテゴリの記事