« 生活能力講座 二期目修了 | トップページ | お花見バスハイク »

2013年3月26日 (火)

自慢の通勤路 ~待ちわびた桜前線~

 

みなさんこんにちは。

九州地方は、桜が満開を迎えていて、行く先々で目を楽しませてくれます。

そんな桜も、開花の時期や満開へのスピードにも個性があるようです。

回生病院の近辺でみられる桜たちのようすを、

職員の山口さんが、春のお便りにのせて、レポートしてくれましたよ^^

 

*:..。o○☆○o。..:* 。o○o。.★.。o○o。.☆.。o○o。.★.o○o。

 

3月に入り、寒さが少しずつ和らぎ、桜が咲き誇る日々を今かいまかと

心待ちにしてきました。

しかし、中国から飛来する環境汚染物質(PM2.5)の影響でか、

晴天でも靄(もや)がかかったようになり、春風景の美しさが

うまく写真に収められるだろうかと、心穏やかではありませんでした。

 

そんな3月21日、外は晴天、気温20度。

公休で自宅にいたのですが、用事が午前中に終わったので、

急ぎカメラを準備して、桜の開き具合に期待しつつマイカーで出発です。

 

 Photo

 (自由ヶ丘中央公園近くから、正面の孔大寺(こだいし)山を望む)

 

 Photo_2

 (近隣公園前バス停(自由ヶ丘第11号公園)にて)

 

 Photo_3

 (県道75号線横の昼掛公園にて)

 

 Photo_4

 (そして、わが回生病院玄関前も、ご覧のとおり)

 

 

透き通った空の青さとピンク色の花びらが、「春がきましたよ~」と

呼びかけているようです。

 

3月23日。

出勤途中、昨日までつぼみだった桜が、開花しているではありませんか。

空がくすんで見えるのが気になりつつも、車を止め、シャッターを切りました。

 

 Photo_5

 (赤間大橋横の公園。釣川遊歩道にて)

 

その日は土曜日。

遊歩道でジョギングや犬の散歩に励んでいる人たちも気持ちよさそうです。

 

3月24日、曇り空ですが、待ちわびていた昼掛の守神(八幡神社)の

桜の大樹が、開花していました。

  

 Photo_6

 

七分咲きかな~。

いつ綺麗な青空に恵まれるか分かりませんので、シャッターを切りました。

 

桜はいつ散ってしまうかわかりませんが、

花びらが散る風影も楽しみながら、通勤したいと思います。

 

  

« 生活能力講座 二期目修了 | トップページ | お花見バスハイク »

地域」カテゴリの記事