« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

飲酒運転とアルコール依存症 2

 

みなさんこんにちは。

夜の寝苦しさから解放され、夏の終わりを予感するようになりました^^

その分、寒暖の差が出てきて、体調を崩しやすい時期でもあります。

喉を乾燥させないよう気を付けながら、ぐっすり休んで体を労わりましょう。

 

 

今年も、8月25日がやってきました。

何の日?と首をかしげた方、特に福岡県民は、ぜひとも思い出してほしい。

平成18年、海の中道大橋で、飲酒運転事故により、幼い命が奪われた日です。

 

あれから7年。官民一体となった取り組みも功を奏し、飲酒運転事故は減少。

昨年は事故件数が185件と、初めて200件を割り込みました。

今年も1月~7月までで昨年の同時期と比べて、さらに減少しています。

 

しかし、これだけ事故が起こるということは、飲酒運転自体、依然多いということ。

限りなくゼロに近づくために、今後も取り組んでいかなければならない課題です。

 

先日、KBCテレビのニュースで飲酒運転の特集がありました。

かつて、飲酒運転を常習していたAさんの現在と、当時を追うものでした。

 

 Photo

 (当院の飯田信夫院長も、取材を受けました)

 

Aさんは、34歳のときにアルコール依存症と診断され、

3度の入退院を繰り返し、飲酒運転で4回の免許取り消しを受けたそうです。

そして、25年前には、飲酒運転で人身事故を起こしました。

 

さいわい被害者の方は軽傷で済んだそうですが、

当時を振り返って、「自分勝手な考えしかなかった」と語っていました。

 

 Photo

 (当院でも、KBCの飲酒運転特集を録画し、みんなで見ました。

 真剣な表情で画面を見入る当院の患者さんたち)

 

飲酒運転の常習者の中には、アルコール依存症の疑いがある人が

相当数いるとされています。それを踏まえ、福岡県では、全国初の試みとして

飲酒運転で摘発された人にアルコール依存症の検診を促がし、

5年以内に再度飲酒運転で摘発されれば、検診を義務付ける条例があります。

 

アルコール依存症は病気です。診断されれば、治療を行う必要があります。

ですが、手術や薬のみで治るという質の病気ではありません。

(詳しくはコチラ→ アルコール依存症とは?

 

まずは依存症であることを認め、治そうという強い意志を持たねばならず、

さらに、その”意志だけでは、回復するのがとても難しい”のです。

抗いがたい飲酒欲求を克服するためには、周りの支えが必要になります。

病院、家族、そして、同じ悩みを分かち合える仲間の支えです。

 

断酒会は、同じ病気で苦しんだ、周りを苦しめた経験をもつ仲間が、

定期的に集い、経験談を話すことで支えあいながら、断酒をつづけています。

仲間がいるということは、とても心強いことです。

 

現在、Aさんは、地元の断酒会に所属、断酒して22年になるとのこと。

テレビの向こうで、こう綴っていました。

「つぐないは、お酒をやめ続けること。人のためになることをしたい」

 

酒におぼれていた過去があっても、こうして、回復している人もいます。

 

 

飲酒運転は犯罪です。

もしも、ダメだと分かっているのにやめられないという人がいたら、

アルコール依存症である可能性が疑われます。

 

病院で診察を受けることが、ハードルが高いと感じる人がいるなら

まずは断酒会に”相談してみる”という方法もあります。

最寄りの保健所、医療機関の相談窓口も活用できます。

もちろん、本人よりも、まずは家族の方が相談しても大丈夫です。

 

何の落ち度のない人を傷つけないために、その家族を悲しませないために。

そして、自分と、自分の大切な人が、苦しい思いをしないために。

現状を変える勇気を、もってください。

 

 

2013年8月10日 (土)

第36回 盆踊り大会

 

みなさんこんにちは。

8月9日は、回生病院の36回目となる盆踊り大会が行われました。

立秋を過ぎたものの、秋の気配を微塵も感じさせないほど暑かったこの日。

 

 Photo

 

写真は、盆踊りが始まる5時半ごろに撮ったものです。

空の色こそやわらかいものの、肌をさす太陽の光が痛いです><

 

飯田信夫院長は、大会あいさつの中で、お盆の由来について触れ

「お盆は、木蓮上人が、生前の罪で餓鬼世界に落ちた母親を助けたいと

供養をしたところ、母親が助かったことから始まったとされています。

いわば親孝行のお話。両親がいたから自分が生まれてこられた。

この機会に、まずはご両親・ご先祖に感謝しましょう」と述べました。

 

この1年で亡くなられた当院にゆかりのある方の御霊に捧げるため

黙とうを行った後、断酒の誓いを宣誓、いよいよ始まります。

 

 Photo_3

 (患者さんもスタッフも関係なく、一緒に踊ります)

 Photo_2

 (西日に照らされて伸びる影)

 Photo_8

 (背中に玉のような汗をかきながら、リズムを刻んでくれた

 柔道部の西原さんと、熱血松尾先生)

 Photo_4

 (回生の浴衣と花笠があでやかな、踊り子女性陣)

 Photo_6

 (飯田院長も輪に加わって踊りました^^)

 Photo_9

 (暑い中、見学に来てくださった来賓の方々。

 輪に加わってくださった卒業生の方もいました。ありがとうございました)

 

太陽が西に沈んだのを合図に、次第に心地よい風があたりだします。

踊り子さんたちは、差し入れのアイスクリームで涼をとりつつ、

十全断酒学校の歌、サクラ音頭、ノーエ節、火の国太鼓、炭坑節など

軽快な曲と太鼓のリズムに合わせて、述べ10曲を踊りあげました。

 

この日のために、毎日練習を重ねてきた踊り子のみなさん、

暑い中、やぐらの設営や音響、進行、また患者さんが暑くないよう

水をまいてまわっていたスタッフの方々、ほんとうにお疲れさまでした。

全員で力をあわせ、36回目の盆踊りも、無事に終わりました^^

 

さて、回生病院は、8月13日から15日までお休みをいただきます。

ご先祖さま、ご両親に感謝をしながら、いい休日をお過ごしくださいね^^

 

 

2013年8月 5日 (月)

ステージミーティング ~海へ~

 

夏と言えば、海。

 

 Photo 

 見てください、この沖縄と見まごうほどの青い海!(クリックで拡大します)

 

みなさんこんにちは。

写真の海は、もちろん沖縄ではなく、宗像の神湊(こうのみなと)の海岸です。

奥に見えるのは地島(じのしま)という人口200人ほどの小さな島。

 

さて、今日はどうして海にきたかというと、ステージミーティングの外出日で、

海岸でゴミ拾いのボランティア活動をするためです。

 

昨日の福岡は、夜から朝方にかけて雨が降り、気温も低く、

どうなることかと思いましたが(前回も雨で天候が悪かったため)

回生病院を出発するころには、上の写真のように晴れあがっていました。

 

前日の雨を受けて、気温もそれほど上がっておらず、日差しも穏やか。

さらに雨を含んだ砂地は、ほどよく固まっていて足をとられることもなく

絶好のゴミ拾い日和となりました。

 

 Photo_2

 Photo_3

 Photo_4

 

はりきってゴミ拾いを始めたメンバーでしたが、

今回はあまりゴミが落ちていないという、嬉しいような物足りないような^^;

いえいえ、海岸がキレイであることは、とっても喜ばしいことですね。

 

 Photo_5

 なんだかんだ言いつつ、ゴミ袋2つ分のゴミが落ちていました。

 

大半は小枝や草など、自然ゴミで、

意外に、空き缶やペットボトルなどは見つかりませんでした。

 

が、中にはこんなものが打ち捨てられていました。

 

 Photo_6

 さびたドラム缶です。バーベキューで使用したのでしょうか。

 さすがに拾って帰ることはできません・・・

 

 Photo_7

 これは、海の生き物をすくうための網ですね。

 楽しく遊んだあとは、ゴミを拾って帰る。当たり前のことなのですが。

 

大きめの木の枝や草などが大半だったものの、

細かいプラスチックや発泡スチロール片、吸い殻、食べ物の袋、、、

ゴミは少ないけれど、よく見ればゼロではない。

これが、ほんとうに何もないくらい、キレイになる日がくればいいな。

 

さて、こんな不思議なものを発見しましたよ。

 

 Photo_9

 穴です。いたるところに、ぽつぽつと空いていました。

 

なんだろうね。何かの巣だろうか~。などと会話をしていたのですが

気になって帰って調べてみたところ、”カニの巣”だそうです。

そういえば、やたらとすばしっこいカニがいたなぁ。

(足が早すぎて、どんくさい私には写せず・・・)

 

一通り、ゴミを拾ったあと、メンバーにはご褒美が待っていました^^

  

 Photo_8

 「思ったよりぬるい」「25度くらいありそう」など言いながら、

 ひざ近くまで濡らして、水の感触を楽しんでいました。

 

ゴミ拾い活動をしたメンバーは

「10年ぶりに海に来た。意外にゴミがなかった」

「(足が悪いから不安だったけど)来てよかった。波の音がいい」

「海岸が綺麗になってよかった」とのこと。

 

ただ海に親しむだけではなく、いい行いをしたという達成感もあったようです。

こうした”心の動き”を、自分で感じることが外出の目的のひとつでもあります。

 

メンバーの一人が腕をひろげながら、

「海はいいわ~♪」

しみじみ出た言葉に、みんな、自然と笑顔がこぼれていました。

海はいい、同感です。

 

 

2013年8月 1日 (木)

暑い日ならではの楽しみ♪

 

みなさんこんにちは。今日から8月になりましたね。

 

今朝、出勤前にテレビで月間天気予報を見ていたのですが

九州地方は8月、平年よりも気温は「高め」、雨量は「少なめ」と

まだまだ厳しい暑さが続くようです><;

  

夏まっさかりの回生病院ですが、今だからこその楽しみもあります♪

 

作業療法の一環として、木工作業を行っている”創作活動”のメンバー、

体力づくりと、社会復帰後の就職に役立てるべく、 

これまでも下駄箱をつくったり、畑の竹垣をつくったりしてきました。

 

今日は、作業療法士・山口先生の提案で、

とある準備をするために、春にタケノコを収穫した竹藪にやってきました。

 

さてここで問題。彼らはこれから、何をするのでしょう??

 

 Photo

 Photo_2

 まず、手ごろな竹を切り倒して、、、ここでピンときた人はすごい!

 

 Photo_3

 細く切って、やすりをかけて滑らかに、、、 

 Photo_4

 一方、節が底になるように切って、、、器でしょうか?

 勘のいい人なら、もう分かったかもしれませんね。

 

 次は大ヒント。

 

 Photo_5

 バーン!縦に半分に割った、長~~~い竹。

 答えは、もうお分かりですね^^

 

 Photo_9 

 正解は、「流しそうめん」です^^

 さきほど作っていたのは、お箸とめんつゆ椀だったんですね~。

 

 Photo_7

 上流から流れてくるそうめんを、うまくキャッチ。

 

 Photo_11 

 ほのかに竹の香りがして、う~ん、おいしそう><

 

昨年、椀とお箸をつくってそうめんを食べたのが好評だったこともあり

今年はランクアップして、そうめん台まで制作したとのこと。

暑い中、汗水流して、メンバーが自分たちですべてつくりました。

さぞかし、味も格別だったのではないでしょうか^^

 

 

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »