« 第36回 盆踊り大会 | トップページ | さ~て白黒つけようか! »

2013年8月30日 (金)

飲酒運転とアルコール依存症 2

 

みなさんこんにちは。

夜の寝苦しさから解放され、夏の終わりを予感するようになりました^^

その分、寒暖の差が出てきて、体調を崩しやすい時期でもあります。

喉を乾燥させないよう気を付けながら、ぐっすり休んで体を労わりましょう。

 

 

今年も、8月25日がやってきました。

何の日?と首をかしげた方、特に福岡県民は、ぜひとも思い出してほしい。

平成18年、海の中道大橋で、飲酒運転事故により、幼い命が奪われた日です。

 

あれから7年。官民一体となった取り組みも功を奏し、飲酒運転事故は減少。

昨年は事故件数が185件と、初めて200件を割り込みました。

今年も1月~7月までで昨年の同時期と比べて、さらに減少しています。

 

しかし、これだけ事故が起こるということは、飲酒運転自体、依然多いということ。

限りなくゼロに近づくために、今後も取り組んでいかなければならない課題です。

 

先日、KBCテレビのニュースで飲酒運転の特集がありました。

かつて、飲酒運転を常習していたAさんの現在と、当時を追うものでした。

 

 Photo

 (当院の飯田信夫院長も、取材を受けました)

 

Aさんは、34歳のときにアルコール依存症と診断され、

3度の入退院を繰り返し、飲酒運転で4回の免許取り消しを受けたそうです。

そして、25年前には、飲酒運転で人身事故を起こしました。

 

さいわい被害者の方は軽傷で済んだそうですが、

当時を振り返って、「自分勝手な考えしかなかった」と語っていました。

 

 Photo

 (当院でも、KBCの飲酒運転特集を録画し、みんなで見ました。

 真剣な表情で画面を見入る当院の患者さんたち)

 

飲酒運転の常習者の中には、アルコール依存症の疑いがある人が

相当数いるとされています。それを踏まえ、福岡県では、全国初の試みとして

飲酒運転で摘発された人にアルコール依存症の検診を促がし、

5年以内に再度飲酒運転で摘発されれば、検診を義務付ける条例があります。

 

アルコール依存症は病気です。診断されれば、治療を行う必要があります。

ですが、手術や薬のみで治るという質の病気ではありません。

(詳しくはコチラ→ アルコール依存症とは?

 

まずは依存症であることを認め、治そうという強い意志を持たねばならず、

さらに、その”意志だけでは、回復するのがとても難しい”のです。

抗いがたい飲酒欲求を克服するためには、周りの支えが必要になります。

病院、家族、そして、同じ悩みを分かち合える仲間の支えです。

 

断酒会は、同じ病気で苦しんだ、周りを苦しめた経験をもつ仲間が、

定期的に集い、経験談を話すことで支えあいながら、断酒をつづけています。

仲間がいるということは、とても心強いことです。

 

現在、Aさんは、地元の断酒会に所属、断酒して22年になるとのこと。

テレビの向こうで、こう綴っていました。

「つぐないは、お酒をやめ続けること。人のためになることをしたい」

 

酒におぼれていた過去があっても、こうして、回復している人もいます。

 

 

飲酒運転は犯罪です。

もしも、ダメだと分かっているのにやめられないという人がいたら、

アルコール依存症である可能性が疑われます。

 

病院で診察を受けることが、ハードルが高いと感じる人がいるなら

まずは断酒会に”相談してみる”という方法もあります。

最寄りの保健所、医療機関の相談窓口も活用できます。

もちろん、本人よりも、まずは家族の方が相談しても大丈夫です。

 

何の落ち度のない人を傷つけないために、その家族を悲しませないために。

そして、自分と、自分の大切な人が、苦しい思いをしないために。

現状を変える勇気を、もってください。

 

 

« 第36回 盆踊り大会 | トップページ | さ~て白黒つけようか! »

コラム」カテゴリの記事