« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

ああ長崎は今日も晴れだった♪

 

みなさんこんにちは。

先日、年に一度の互助会職員旅行がありました。参加したのは37名。

行き先は、長崎です。好天にめぐまれ、絶好の旅行日和でした。

 

楽しかった~♪との報告がありましたので、さっそくアップします^^

 

一行は、まずは佐賀の金立(きんりゅう)公園で、コスモスを鑑賞した後

武雄市内で、佐賀牛ランチに舌鼓をうちました。

 

 Photo

 (炭火でじゅうじゅう、肉厚の佐賀牛ですね~、おいしそう><)

 

お腹も満足して、次に訪れたのが西海パールシーリゾートです。

ここで、パールクイーンに乗船、のんびり九十九島を遊覧しました。

 

 Photo_2

 Photo_3

 (乗船したパールクイーン。白くてかっこいいです)

  

 Photo_10 

 Photo_11 

 (島々の間を縫うように走ります。遠目には、軍艦島も見えたとか

 クリックで拡大します)

 

回生ツアーズが泊まったのは、伊王島にある、やすらぎ伊王島 というお宿。

たっぷり海の幸を堪能しました。

また、売りである8種の天然温泉は、大浴場露天風呂が、海に面しており

「そこからの眺望がかなり良かった~!」とは、病棟職員のTさん。

 

翌日、朝イチで露天風呂に入っていたら、日の出が見れたとのことで、

10人くらいで、太陽があがりきるまで見届けたのだそう。

 

ルビーみたいに輝く朝陽が、海の向こうの山間から徐々に顔を出して、

「思わず裸でおること忘れて立ち上がってさ、みんなで拍手したんよ~」

と、興奮冷めやらぬ様子で話してくれました^^

 

この日も晴れ。一行はホテルを出発し、グラバー園へ。

 

 Photo_17 

 (グラバー園に隣接している国宝・大浦天主堂。クリックで拡大)

 

 Photo_16   

 (グラバー邸。中央のサンルームには、色とりどりの花が飾っています

 クリックで拡大)

 

 Photo_15   

 (旧三菱第2ドックハウス。船が造船所に入っている間、船員たちが

 宿泊したとされる施設です。2階のバルコニーからの眺めが最高

 クリックで拡大)

 

 Photo_7 

 (グラバー園からの眺め。高台のため、長崎湾や市街が一望できます。

 坂が多いことで有名な長崎市。山の中腹まで家々が並んでいます。

 クリックで拡大)

 

何十年ぶりに訪れたという秦看護課長は

「園内は広くて、歴史を感じさせる西洋建築がいっぱいで感動しまくり。

 時間が足りないくらい見ごたえがあって、最後気づいたら、

 バスの時間ギリギリになっていて、駐車場まで走りました^^;」

と、満喫したようす。

 

大浦天主堂は、その厳かな雰囲気に、日ごろの自分を振り返ったり、

また数年後に、ぜひ訪れたい。と思ったそうです^^

 

さて一行は、昼食をとって、ペンギン水族館に。

 

 Photo_21   

 (足が短くてがっしり~^^ ちょこんと直立、天然のゆるキャラですね。

 左上には、ふわふわな羽毛の赤ちゃんも。クリックで拡大)

 

 Photo_18

 (ペンギンショーの一コマ。水に入りたがらないペンギンに、

 インストラクターのお姉さんが後ろからプレッシャーをかけています(笑))

 

このペンギンショー、

「さぼりぐせのあるのがいて、○○さんっぽかったんよ!」

「水に入ってもすぐに出てくる横着なようすが、△△さんにそっくりやった」

等、どこか職員に似たペンギン君もいたようです^^;

 

この後、一行はお土産をかって、帰路につきました。

ご飯もおいしく、見どころ満載の旅を終え、たっぷり英気を養った面々。

 

ツアーの幹事となった互助会の役員のみなさん、

お世話もしながら、写真も撮影してと、大変だったのではないでしょうか。

お疲れさまでした^^

 

 

 

2013年10月29日 (火)

ステージミーティング 第三期修了!

 

みなさんこんにちは。早いもので、もう10月も終わります。

10月で終わるものといえば、ステージミーティング三期もです。

 

先週、最後の講義となった外出で、宗像大社にいってきました。

病院を出るときににわか雨が降っており、ちょっと心配だったのですが

宗像大社につくころには、すっかり雨も上がりひと安心。

 

「日ごろの行いがよかったね~」と笑いあいました^^

 

 Photo

 (宗像大社、いつ来ても綺麗で緑もいっぱいです)

 

 Photo_2 

 Photo_4

 (いつものように、鯉にエサやりしました。群がってます!)

 

エサをもっていると、わかるのでしょうか、鯉が集まってきます。

みんなで少しずつエサをあげたのですが、大きな口をパクパクさせて

ちょっと、、、、いや、かなり迫力がありましたよ^^;

 

ひとしきり鯉とたわむれ、童心に返ったメンバー。

いよいよ、お参りです。

 

 Photo_6

 (お参りの前には、手と口を清めます)

 

と、やってきた本殿は

 

 Photo_7

 

なんと工事中でした^^;

 

ということで、隣に設けられていた仮本殿でお参りします。

みんな、秦看護課長から、お賽銭をカンパしていただきました

(課長、私にまで、ありがとうございました。しっかりお祈りしときました!)

 

 Photo_8

 (仮本殿。仮とはいっても、立派です)

 Photo_9

 (メンバーは、何を思いながらお参りしたのでしょうか)

 

帰りに、こんな風景を発見!

 

 Photo_11

 (クリックで拡大します)

 

本殿の工事風景なのですが、とび職の方々が、足場に上って作業中です。

あんな狭いところで作業するなんて・・・・危なくないのでしょうかね?

高いところが苦手な私には絶対に無理><; 職人技ですね。

 

宗像大社は、緑豊かで、和みの場所。

メンバーも、講義の時の真面目な顔と一転、目を細めて楽しそうでした。

 

「七五三の格好をした子供がいて、愛らしかった。行って良かった」

「いとこの子供も、そろそろ七五三。どうしているかなぁ」

「娘の車を買ったときに、宗像大社でお払いをしたことを思い出した」

「初めて行ったけど、心が洗われる思いがした」

等、それぞれ思うところがあったようです。

 

 

そして昨日、修了式でした。

ステージミーティングで過ごした半年間、最初は15名いたメンバーも

退院して、最後には約半分の8名になりました。

修了式を迎えたメンバーの中にも、退院が近い人も数人います。

嬉しいような、寂しいような。

 

最後に、半年の振り返りをしてもらいました。

 

「はじめは、荷が重いと思っていたけど、3回目くらいから、人付き合いや

 あいさつが気軽にできるようになって、生活にメリハリができた」

「最初は内容もわからずにどうなるかと思っていたが、お酒の怖さを知り

 過去を反省できたし、一人暮らしをする自信も出てきたと思う」

「アルコール依存症でも、酒なしで生活できるんだ、ということが知れた」

「私もどうなるかと思っていたけど、短かった。勉強になった」

「口下手だけど、いろんな意見が聞けたのがよかった」

「短いようで、長かった。断酒の決意が新たにできた」

「過去の振り返りができて、正直に話せてよかった。

 講義の予習をみんなで相談しながらやったり、メンバーの輪ができた」

「最初は、断酒できるかと思っていたけど、やめないとな、と思えるように」

 

講師の松尾先生からは

「病棟の看護スタッフが、みなさんの普段の生活で頑張っている様子や

 メンバーで集まってミーティングのまとめをやったりしている様子等

 ときどき報告してくれて、それを聞くたびに、嬉しかったです。

 半年間、やり通せたことは、立派な成功体験。

 やればできるということ、何歳になっても成長はできるということを

 自信をもってください」

 と、エールが贈られると、

 

メンバーから

「半年、頑張ってくれた松尾先生と他のスタッフの方に、拍手をしましょう」

と、温かい拍手が。 突然のことに、じーーーーん TT

 

 Photo_12

 Photo_13

 (松尾先生から、一人ひとり、心のこもった熱いメッセージと共に、

 修了証書が授与されました)

 

三期生は、メンバー同士が仲が良く、ほのぼのとした優しい雰囲気で、

私も取材をしながら、居心地の良さを感じていました。

 

退院が近い方もいらっしゃいますが、決して無理をせずに、

ほのぼの、ほがらかに、毎日を送ってほしいです。

(もしも困ったときは、講義で習ったように、ヘルプ!を出してくださいね)

 

ステージミーティング三期、お疲れさまでした^^

 

 

2013年10月23日 (水)

柔道部ニュース!

 

みなさんこんにちは。

10月20日に福岡武道館において、全九州実業団対抗柔道大会が開かれ

わが回生病院柔道部も出場いたしました。

 

 Photo

 Photo_2

 (写真左、小畑選手)

 

結果は、男子が2部で第3位、女子が1部で準優勝となりました。

また、米田義弘選手が、男子優秀選手賞をいただきました。

 

 Photo_3

 (受賞後、記念にパチリ。久々のニコニコ笑顔です^^)

 

柔道部・原監督は試合後、

「ほかの団体からベテランさんが多く出場した大会だったので

 うちの選手も学ぶところが多かったようです。

 米田選手はとても動きがよかったのですが、

 ほかの選手はまだ力を出し切れていなかったので、それが課題」

と語っていました。

 

11月10日には、天神杯個人で、女子柔道部の津田選手が出場します。

応援、よろしくお願いします^^

 

 

2013年10月19日 (土)

第38回 体育祭

 

みなさんこんにちは。

今年は台風が頻発していますが、お住まいの地域は大丈夫でしょうか?

回生病院も、本来体育祭を予定していた日が、台風の影響で強風が吹き、

とても寒い日となったため、延期になっていました。

 

ということで、昨日は、第38回の体育祭が行われました。

少し風が冷たく感じましたが、スポーツするには心地よいほど。

日差しも強くなく、まさに絶好の体育祭日和となりました。

 

体育祭大会会長である飯田信夫院長は、開会のあいさつのなかで

「2020年東京オリンピックが決まり、心躍るような喜びを感じています。

 今回は、その意味で、記念すべき大会。

 力を合わせて、心を合わせて、最後まで粘り強く、がんばってください」

と、選手にエールを送りました。

 

今年の体育祭は、紅白に分かれての競技が多く、盛り上がりましたよ~。

スナップでご紹介します^^

 

 Photo_2 

 ”シーソーボール” ボールをシーソーで蹴り上げて、バケツでうまく

 キャッチしてゴールします。息をぴったりあわせるのが難しそうですが

 日ごろの練習の成果で、みんな、うまくキャッチしていました^^

 

 Photo_3

 ”借り人競争” 封筒に書かれているスタッフを呼んできて、

 いっしょにゴールまでダッシュする競技です。

 写真先頭は、以前紹介したこともあるスタッフ、中島さん。

 なかには、運がいいのか(?)、繰り返し呼ばれるスタッフも^^

 

 Photo_4

 ”ペットボトル釣り” 大小のペットボトルを、つりあげゴールへ走ります。

 小さいほうが軽くて走りやすいのですが、背が低くて狙いにくいんです!

 まごまごしている間に、抜かされちゃう・・・なんてことも^^;

 

 Photo_5

 恒例 ”パン食い競争” 今年も売店のヤマザキさんから、

 おいしいアンパンを提供いただきました。いつもありがとうございます^^

 

 Photo_23

 おなじみ”玉入れ” 今年は接戦となりました。

 このころには、いつの間にか、くもっていた天気もよくなっていて

 宙を舞う白と赤が、秋空に映えていました。 

 

 Photo_6

 水泳大会でも好評だった ”○×クイズ”

 司会はもちろん、熱血松尾先生です!「盛り上がってるかー!」

 Photo_7

 時事問題からカルチャー、院内のスタッフにまつわる超ローカル問題まで^^

 「柔道部の男性スタッフ10名の合計体重は1トン以上である!?」

 という難問もありました(ちなみに、正解は○です! すごい)

 

 Photo_8

 Photo_9

 ”大玉送り” 患者さんがこの日のために作った”大玉”を、

 いかに早く転がすかを競います。すべるように転がる大玉は迫力です。

 勢い余って、地面に落っこちてしまう場面も。

 

 Photo_10

 ”水入れ競争” ひしゃくで水を運び、一升瓶に、満たしていきます。

 入院前、一升瓶を飲み干していた患者さんが、今度は水で埋めていく。

 退院後、一升瓶を空けない(飲酒しない)ように、と願いを込めて・・・。

 

 Photo_11

 飯田院長先生も、自前のジャージで気合十分、参加しました^^

 

 Photo_12

 Photo_13

 ここからは、病棟対抗競技。 毎年盛り上がる”綱引き”です。

 全体重と病棟の意地をかけて、一生懸命綱をひきます。

 応援組の患者さんも、身を乗り出して声援を送っていました。

 

 勝ったのは黄色のハチマキ、Ⅱ病棟(上写真)。

 特典(?)は、職員チームとの一騎打ちです。

 

 Photo_14

 この職員&来賓チーム(写真)、絶対に、微塵も、力を抜きません(笑)

 Ⅲ病棟のチームを、今回も、容赦なく返り討ちにしていました。恐ろしい!

 

 Photo_15

 ”長縄跳び” 10人入って、何回飛べるかを競います。

 今年は13回飛んだⅡ病棟(写真)が勝ちました。

 10人いっしょに飛ぶのもすごいですが、回す人も大変!

 飛ぶも回すも、躍動感があり、とってもかっこよかったです^^

 

 Photo_16

 Photo_17

 病棟対抗リレー。今年はスタッフが、各病棟に助っ人として入りました。

 抜きつ抜かれつの接戦を制したのは緑のⅢ病棟。

 アンカー選手はとっても早く、スタッフからも感嘆の声援が。

 

 Photo_19

 最後はスタッフ、患者さんともに輪になってフォークダンスです。

 院長先生も、華麗なステップで踊っていました。

 

 Photo_20

 今年は、ぶっちぎりで紅組の優勝となりました。

 

 Photo_22

 最後は、ご家族や卒院生もいっしょに、輪になって”連鎖握手”。

 

見学にこられていた患者さんのご家族の方は、

「繊細なところがあるから、うまくやれるかなぁと心配していたけど

 元気に参加していて、ほっと安心しました」

と、息子さんの選手としての活躍に、目をほころばせていました。

 

「今日はきてよかった」

しみじみ出た言葉に、私まで嬉しくなりましたよ。

(さっそく、週明けにでも、患者さんご本人に伝えようと思います)

 

自画自賛といわれるかもしれませんが、

競技ひとつひとつも、参加者が楽しめる、また活躍できるようにと、

工夫や改良が重ねられ、回生の体育祭は、どんどん進化しています。

 

来年は、もっと多くのご家族の方に、見学にきていただけたら。

きっと、プラスの意味で、いろんな発見があるのではないでしょうか。

 

さて、台風で延期となり、一時はどうなることかと思いましたが、

和気あいあいとした雰囲気の中、今年も無事に、終幕です。

 

選手のみなさん、応援にかけつけてくださった卒院生、ご家族の方々

そして、この日のために準備設営進行にたずさわったみなさん、

ほんとうに、お疲れさまでした^^

 

 

2013年10月 7日 (月)

男の料理講座

 

みなさんこんにちは!

今日はステージミーティング三期生、恒例の”男の料理講座”でした。

 

メニューは、松尾先生思い出の焼きそばパン

先生は麻婆豆腐を作りたかったそうですが、みんなのたってのリクエストで、

今回も焼きそばパンに(先生はちょっと残念そうでしたが^^;)

 

退院後、収入に見合った生活を送るためにも、市場価格をつかむこと。

つまり、どんな食材が、いくらで売られているかを知ることも大切です。

なので、毎回、個別の食材費・総材料費・一人当たりの金額を発表しています。

今回は、焼きそばパン1つあたり約50円。

ジュースもついて、一人当たり(パン1~1個半)は約100円ほどでした。

 

ではさっそく、料理開始です♪

 

 2

 (カップ焼きそばではなく、袋麺。ソースのいい香りが漂います~)

 

 Photo

 (ロールパンにうまく入れていきます。具だくさん!)

 

 Photo_2

 (名脇役、からしマヨをかけて~)

 

 Photo_3

 (あっという間に完成~♪)

  

「焼きそばいいね~、パンにあう!」

「ゆで加減もちょうどよかった。バツグン!」

「からしマヨが合うのは知らなかった。ピリッとしておいしい」

「これは、家でつくってみらんといかんね(つくってみないといけないね)」

「焼きそばの袋麺は初めてつくって、水加減が難しかったけど、

 おいしくできたからよかった」

 

焼きそばパン自体を初めて食べたという人もいて、

からしマヨで味にしまりもでて、美味しかったと好評でした。

 

私も他のスタッフも食べたのですが、う~ん、安定のおいしさ!

どちらも炭水化物なので、ロールパンサイズでも食べごたえありです。

 

 Photo_4

 (食べているときって、不思議と会話もはずみます)

 

授業中の真面目な空気とちょっと違って、終始なごやかな雰囲気で、

特にパンをほお張るときは、メンバーみんなニコニコになっていました。

 

男の料理講座、目的は、やはり、社会復帰後の食生活の充実です。

ここで習う料理は包丁も使わない、インスタントを活用した簡単なものですが、

退院後、一人暮らしになる人が多いので、料理をしたことがない男性でも

「気軽に手早くできて、安くておいしいこと」が条件になっています。

 

これをきっかけに、料理=”めんどう”というイメージをもっている人でも

意外と簡単で楽しいかも♪ 自分でもつくってみようかな~。

と考えるきっかけになれば、という狙いもあります。

 

調理後、退院したら、自分でもつくってみようと思うかどうかの問いに

全員が「やってみたい」とこたえていました。うれし^^

 

さて、ステージミーティング三期生も、残りは外出のみとなりました。

半年たつのって、早い!ちょっぴりさみしいですが、楽しみです。

 

 

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »