« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月20日 (金)

ひと足お先に、メリークリスマス♪

 

みなさんこんにちは。

今年も、残すところ2週間をきりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

回生病院では、今年最後のイベント、クリスマス演芸例会が行われました。

 

 Photo

 

始まりにあたって、飯田院長先生から患者さんにむけて、

1年の頑張りへのねぎらいと

「自立にむかって、目的をもって生活することが大切です。

 来年はまた、もっといい年になりますよう」とエールが送られました。

 

演芸は主にカラオケで、喉自慢たちが、それぞれの十八番を披露。

「いつかのメリークリスマス」や「粉雪」などのちょっと切ないラブソングや

「ジングルベル」「きよしこの夜」などクリスマスにちなんだ歌、

また「雪の宿」「みちのく一人旅」としぶめの選曲もあり、

参加者は手拍子にのって、かろやかに歌い上げていました。

 

 Photo_2

 (「兄弟船」を歌うAさん(左)と、船をこぐ振付で応援する”兄弟”たち)

 

 Photo 

 (赤い鼻と、ツノをくっつけて、「赤鼻のトナカイ」に扮する患者さんたち)

 

また、当院を退院してグループホームに入所している卒業生も、

数名観覧にきてくれ、飛び入りでカラオケにも参加。

ステージにあがると、会場から「久しぶり~」「元気にしとるね~」

など、声がかかって、互いに久しぶりの再会を喜んでいました^^

  

 Photo_3

 

上の写真は、当院を退院して2年目になるBさん(中央)と、

グループホーム内で出会ったという彼女さん(左)。

二人は見つめあいながら、ロンリーチャップリンを熱唱♥

Bさんたちのアツアツぶりに、冷やかしの声が飛び交っていました^^

 

Bさんは、ステージミーティングの1期生でもあります。

患者さんたちに一言メッセージをお願いすると、

「同じ失敗をしないよう、早めに退院できますように。

 いろんなことがあるけど、負けないで!」

と、卒業生らしい温かいエールをプレゼントしてくれました。

 

カラオケのほかにも、こんなおもしろイベントもありました。

 

 Photo_7

 (7個中、6個が辛いシュークリームの、逆ロシアンルーレット)

 

参加者は、目をつむったまま、一口でシュークリームをパクっ。

甘いアタリのシュークリームを食べたのが誰か、当てるというクイズです。

みんなポーカーフェイスが上手でしたが、感想を聞かれると

「カラ~~~~~ッ!」

 

 Photo_9

 (熱血・松尾先生(左)が司会の「中身はなぁ~~んだ!?」 )

 

会場側からしか見えない箱の中身を、回答者が手探りで当てます。

さわるものは、こんにゃく、ミミズ(!)、ヘビ(のおもちゃ)、かつら、などなど

会場からは「気持ち悪い~」「こわ~い」等、ヒントらしからぬ声援も^^;

 

おっかなビックリさわってみる人、さわってすぐに答えを当てる人、

ヒントを出されてもなかなか当てられない人などがいて、

会場は笑いに包まれていました。

 

 Photo_13

 (華麗な衣装とコミカルな踊りで会場をわかせていたCさん)

 Photo_12

 (腕相撲では、力の限りぶつかりあいました)

 Photo_2

 (サンタに扮して、司会進行も自分たちでやりました)

 

盛りだくさんのパフォーマンスに、ほっこりした気分を味わいつつ

2013年のイベントのしめくくりとなるクリスマス演芸例会も

無事に幕をおろしました。

 

ユニークな出し物で会場をわかせたパフォーマーの皆さん、

会場の設営や準備進行にたずさわった皆さん、お疲れさまでした^^

 

ひと足お先に、メリーメリークリスマス!

 

 

2013年12月 6日 (金)

焼きいも大会!

 

みなさんこんにちは。今朝は、今季初の霜を観測した回生病院です。

とっても寒い朝となりました。

当院ロビーの観葉植物も、クリスマス仕様にさまがわり^^

 

 Photo

 Photo_2

 

 

今日は、待ちに待った焼きいも大会の日です^^

いもは、11月に収穫した回生産ベニアズマ。もう、熟成しております。

朝から、スタッフが主体となって、数名の患者さんと準備です。

 

まずは洗って土などを落とし、新聞紙にくるんで水につけ、

空気を抜いてから、さらにアルミホイルで隙間なく包みます。

 

 Photo

 (手前は新聞紙につつんだイモを水につけているところ)

 

イモや新聞紙が空気に触れないよう、アルミをしっかり密着させます。

こうしておかないと、焼いたときに中身がこげてしまうのだとか。

冗談など、ワイワイ言いながら、準備するのも楽しい時間です^^

 

準備したイモたちを、焼き台にずらーっと並べ、

 Photo_2

 (一面銀色。大量です!)

 

点火して、

 Photo_3

 (パチパチと焼ける音が、わくわく感をそそります)

 

あとは待つのみです♪ そして、お隣では・・・ 

 Photo  

 

給食課お手製の豚汁です^^

「バッチリよ。おいしくできたからね♪」と、栄養士のOさんお墨付き。

 

そうこうしているうちに、おイモが焼けたようですね。

患者さんとスタッフとで、いそいそと、シート・テーブルを準備します。

 

 Photo_3

 

写真をご覧になると分かる通り

この日は、朝こそ霜が降りるほどの冷え込みになったものの、

昼間はぽかぽかとした陽気で、絶好のアウトドア日和でした。

 

できた豚汁は、スタッフがよそって、みんなにふるまいました。

 Photo_4

 Photo_5

 (見てください、この具だくさんな豚汁!)

 

豚肉、厚揚げ、ニンジン、サトイモ、大根、白菜、

そして、主役のサツマイモと、回生の畑でとれたネギも入っています。

そして、一味は、回生産の唐辛子をすりつぶした、自家製です!

(これが、めちゃめちゃ辛いんです><)

 

 Photo_7 

 (温かい豚汁は大好評。おかわりをする人もいました^^)

 

私たちスタッフも、もちろんお呼ばれしました。

お昼ご飯の後だったにもかかわらず、ぺろッと食べきってしまいました・・・

 

そして、コチラは、焼きあがったほっくほくのイモ。

 

 Photo_2

 

まっ黄っき^^ ところどころ、蜜みたいになって、ほんとに甘い!

前回も書いたかもしれませんが、回生の焼きいもを食べたら、

ほかのお店のは食べられないくらい、おいしいんです。

私も、しれっと2・3個食べてしまいました・・・・ダイエット中なのに・・・

  

朝から準備にたずさわった患者さんは

「こんなふうに、みんなで焼きいもするのは初めての体験。

 みんなで作ったから、おいしい」 としみじみ。

 

―準備は大変だったのでは?

「朝から手伝ったから、むしろ楽しかった^^」

「大量に焼いたから、準備に手間がかかったぶん美味しい」

「外で食べるからウマい。ご飯が食べたくなる!」

達成感も手伝って、お箸が進んでいました。

 

春の苗植えから、収穫。そして準備をして、食べる。

ふだん、あまり味わえないような体験も、自然豊かな当院ならではです。

 

準備、進行、後片付けまで、みなさん、おつかれさまでした^^

 

 

2013年12月 3日 (火)

すすめ、看護師へ! ~戴帽式~

 

みなさんこんにちは。12月に入り、本格的に寒くなってきました。

風邪などひいていないでしょうか?

 

先日、看護学校での戴帽式がありました。

当院の柔道部からも、4名が仕事との両立をしながら学校に通っており

このたび、戴帽式を迎えることができました。

 

戴帽式とは、看護学生が初めてナースキャップを頭にいただく儀式です。

これによって、看護師の卵であると認められたことになります。

 

 Photo_10

  (手前左から津田さん、江藤さん、佐伯さん、西原さん)

 

ういういしい晴れやかな笑顔です^^

せっかくなので、今後の抱負を語ってもらいました。

 

 Photo_6 西原さん

 

 「これから仕事と学校と柔道と

 頑張っていきます。

 今日は本当にありがとうございます!」

 

 

 

Photo_7 江藤さん

 

 「ひとまず戴帽できてよかったです。

 これから臨床にでて誠心慈愛の心で

 頑張ります」

 

 

 

Photo_8  佐伯さん

 

 「無事に戴帽式を迎えることが出来て

 本当に嬉しいです。

 これからが大変ですが、一生懸命

 頑張って行きたいと思います」 

 

 

Photo_9 津田さん

 

 「やっとナースキャップをもらって

 嬉しいという気持ちと、

 看護師になりたいという気持ちが

 さらに強くなった一日でした!

これから実習が始まります。

今まで学んだこと演習で行ったことをフルに思い出し責任をもって、

実習に取り組みたいと思います!」

 

基礎的な学習がある程度すすみ、キャップをいただいた看護師の卵たち。

今後は、より実践的な学習、病院実習がまっています。

  

この日学生につきそい、戴帽式のようすをリポートしてくれたのは、

柔道部監督、原さんです。

 

 Photo_11

 (写真奥が、戴帽式を見届けた柔道部の原監督)

 

原さんもかつて、同じ道をたどって准看護師から正看護師になり、

現在は病棟主任として、訪問看護業務にたずさわっています。

後に続く4人の卵たちにとっては、お手本であり、心強い先輩です。

 

「みんな、無事戴帽式が迎えられて本当によかったです。

 でも、今からが大事な時期になるので、引き続き頑張ってほしいです^^」

と、後輩たちにエールを送っていました。

 

仕事・勉強・柔道、3つをうまくバランスとりながら、

強くたくましい、そして、やさしい看護師さんになってくださいね。

 

頑張れ卵たち!p(^^)q 

 

 

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »