« 秋のバスハイク | トップページ | メリークリスマス! »

2015年12月11日 (金)

秋の恵みをいただきます!

 
みなさんこんにちは。
寒くて乾燥した日が続いていますね。うがい手洗い励行で!
 
回生病院では、以前収穫したサツマイモを食べる焼きいも大会が行われました。
 
レッツクッキン♪ まずは前日から、下準備です。
 
 Photo
 この日はとても寒かったのですが、水道水でイモを洗います!
 
有志の患者さんたち、黙々と洗っているけど、冷たいはずです。
 
 Photo
 洗ったイモは、新聞をまいて水に浸し、アルミホイルで包みます。
 
隙間ができないよう、イモがはみ出ないよう、しっかり密着させます。
手を抜くと、焼いたときに焦げてしまうので重要な作業です。
無駄口をせずに、真剣なまなざし…。
 
 Photo_2
 アルミで装束したイモたち。ピカピカに輝くほど^^
 
 
これで下準備は終わり。翌日、いよいよ焼きいも本番です。
 
いい焼き床をつくるのは、難しくて大変です。
トンボで木材を動かして、空気を入れて燃焼させていきます。
下の写真のように、オレンジの炎がおさまって、炭火になったらイモ入れ時!
 
 Photo_5
 あまりの熱気にのけぞっちゃう 「まゆげチリチリになる~!」
 
写真のように火が落ち着いていても、周りは熱くて長時間近づけないんです。
それでもみんな、顔を真っ赤にほてらせながら、火と格闘しています。
 
 Photo_6
 イモを投入した後、炭火をかぶせました。
 
3つの病棟ごとに、3回焼き芋をしたのですが、1回目のとき、
とても風が強く、いい炭火が育ったところで、雨が降ってきました。
 
「みんなに美味しいイモを食べさせたいのに~!」
 
嘆き節をあげていた炭火づくりメンバーの一人Aさんでしたが、
途中で火を足したりして、なんとか無事に完成しました。
 
 Photo_10
 雨のため、豚汁も焼き芋も、病棟の中でいただきました。
 
イモをほおばる患者さんたち、ニコニコ。お鍋の豚汁もおかわり続出です。
そんなみんなの様子に、雨を悔しがってたAさんも、満足そうにしていました。
 
 
また別の日。この日は風はあったものの、晴れ間ものぞく焼きいも日和。
焚火のコンディションもばっちりで、じっくり焼き上げたイモはなかなかの出来。
 
 Photo_7
 アルミと新聞紙をはぐと、しっとりした焼き芋が出てきました!うひょ。
 
 
 Photo_12
 豚汁も準備できたところで…
 
 Photo_11
 みんなで外で食べました。体の芯からポカポカ。
 
大鍋でつくる豚汁って、なんであんなに美味しいのでしょう。不思議です。
 
 Photo_9
 今年初の安納イモ! ねっとり甘い~。スイーツみたい♪
 
 
秋の恵みは、スタッフたちにも配られ、おいしくいただきました^^
ねっとり系の安納イモ、ほくほく系のベニアズマ、どっちもうまい!
とくに安納イモは、初めてなのもあって、患者さんにもスタッフにも好評でしたよ。
 
食べ物が苗から育ち、口の中に入るまで、いろんなドラマがありますね。
そんな食べ物の尊さを、忘れないようにしたいと、改めて感じます。
 
春から育ててきたみなさん、寒い中下準備したみなさん、
炭だらけになって焚火づくりを頑張ったみなさん、本当にごちそうさまでした。
 
 
 

« 秋のバスハイク | トップページ | メリークリスマス! »

イベント」カテゴリの記事